Listen free for 30 days

Listen with a free trial

One credit a month, good for any title to download and keep.
Unlimited listening to the Plus Catalogue - thousands of select Audible Originals, podcasts and audiobooks.
Exclusive member-only deals.
No commitment - cancel anytime.
Buy Now for £5.19

Buy Now for £5.19

Pay using card ending in
By completing your purchase, you agree to Audible's Conditions of Use and authorise Audible to charge your designated card or any other card on file. Please see our Privacy Notice, Cookies Notice and Interest-based Ads Notice.

Summary

数々の縁談を断り、富と名声のある老人・三右衛門に嫁いだ千鶴。その美貌と玉の輿で“驕れる孔雀”とかげ口をたたかれるが、素知らぬ顔で耐える。わかりやすい表面に覆い隠されてしまう千鶴の本当の気持ちとは。

千鶴は両親を早くに亡くし、伊予守正右の側室・恵光院の侍女として育った。美貌と利発さときかぬ気で恵光院に可愛がられた。恵光院は婿選びに心を砕くが、千鶴は縁談を断り続ける。ある日、嫁ぎたい人がいると明かす。相手は筆頭家老で二千石の富をもつ、親子ほど歳の離れた虫明三右衛門。周りの人はもちろん、三右衛門までもが富と名声のための結婚だと思っている。女中たちのかげ口に耐え、夫に献身的に仕えながら千鶴が秘めていた思いが明らかになる。

山本周五郎(やまもと・しゅうごろ)
1903~67年。小説家。山梨の生まれ。本名・清水三十六(さとむ)。名は生まれ年からつけられ、筆名は東京で徒弟として住み込んだ質屋「山本周五郎商店」にちなんだ。20代前半に作家活動を始め、39歳の時『日本婦道記』が直木賞に推されたが受賞辞退。その後も多くの賞を固辞する。江戸の庶民を描いた人情ものから歴史長編まで作品は数多い。代表作には、「樅(もみ)ノ木は残った」「赤ひげ診療譚」「おさん」「青べか物語」「さぶ」などがある。1987年9月には、「山本周五郎賞」が新潮文芸振興会により設定された。
©2022 panrolling

What listeners say about 驕れる千鶴

Average customer ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.