Listen free for 30 days

Listen with a free trial

One credit a month, good for any title to download and keep.
Unlimited listening to the Plus Catalogue - thousands of select Audible Originals, podcasts and audiobooks.
Exclusive member-only deals.
No commitment - cancel anytime.
Buy Now for £2.59

Buy Now for £2.59

Pay using card ending in
By completing your purchase, you agree to Audible's Conditions of Use and authorise Audible to charge your designated card or any other card on file. Please see our Privacy Notice, Cookies Notice and Interest-based Ads Notice.

Summary

大衆文学者として活躍した山本周五郎による短編小説。初出は「講談倶楽部」[博文館、1945(昭和20)年12月号]。

父の死後、中村家に引き取られた都留(つる)。ある日主人の惣兵衛に呼ばれ、罪人進藤主計の世話をするよう命じられる。彼は都留の父の仇。形見の懐剣を懐に忍ばせ、仇討ちの機会を伺っていた。

<山本周五郎(やまもと・しゅうごろう)>
1903年、山梨県生まれ。横浜市の西前小学校卒業後、東京木挽町の山本周五郎商店に徒弟として住み込む。1926年『須磨寺附近』が「文藝春秋」に掲載され、文壇デビュー作となった。『日本婦道記』が1943年上期の直木賞に推されたが、受賞を辞退。1967年2月14日没。享年63歳。
Public Domain (P)Roundemy Co., Ltd.

What listeners say about 晩秋

Average customer ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.